甘いデリヘル生活

お気に入りのキャバ嬢が風俗嬢になっていた

俺は仕事帰りに寄り道をするのが好きでいつもはお気に入りのキャバ嬢がいるキャバクラに寄っていた。でも、お気に入りの子がなかなか出勤しなくなったのでキャバクラによる回数も減っていき、最終的にデリヘルを頼むようになった。たまたま、デリヘルのホームページを見た時にお気に入りのキャバ嬢にそっくりな女の子の写真を発見したので、まさかとは思ったけど彼女を指名してみた。そして、家に来た風俗嬢を目の前で確認するとあのお気に入りのキャバ嬢だった。彼女も俺の事がすぐに分かったみたいで照れ笑いしながら挨拶してくれた。そして、色々と彼女の内情を教えてもらった後に一緒にシャワーを浴びてたっぷりサービスしてもらった。キャバクラではサービスしてもらえなかったエッチなサービスを今回はたっぷりしてもらえた。彼女が跪いて肉棒をおいしそうに頬ばり射精するときも口で受け止めてくれた。次回も指名すると風俗嬢になった彼女に伝えると笑顔で帰っていった。